☆お知らせ☆

頃合いをみて、企画します(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  ↑Top

2008'12.10 (Wed)

バイクに乗るということ

先日の帰宅途中の事。
車で、信号待ちをしていました。

対向には右折待ちの原付(Dio)が一台

両サイドの信号が黄色から赤へと変わり、
まもなく進行方向の信号が青に変わろうかなとしていました。

原付が先に右折しようとジリジリと進み出してきたので、
自分はそのつもりで、一呼吸置いてから進みだそうとしていました。

運転される方ならわかると思いますが、何気なくある日常の事だと思います。

また、サイドミラーを見ると後ろからすり抜けをしてくるバイク(セロー)が…

信号が青に変わり、原付が右折を始めた瞬間でした。
自分がまだ、停止している横を先程のバイクが加速しながら抜けて行ったのです。

あっ。やばいびっくり

その瞬間、に互いに急ブレーキ。
バイクの方がとっさに回避行動をとったので、真横から当りはしませんでしたが
原付と乗ってた人は、はじき飛ばされ、バイクの方も背負い投げされたように地面に落ちました。

自分も急いで車から降りて、倒れている方に駆け寄りました。
幸いにも、お互いに重症ではなさそうでしたので一先ず安心きゃー!

しかし、互いのバイクはそれは無残なことになっていました…
Dioは電柱にぶつかって止まったようで、フロント周りは大破し、全体がくの字に曲っており、
セローはフロントフォークが曲がり、ヘッドライトが割れていました

こんな状態で、あれで済んだのだから儲け物かなと思いつつ、
数人で交差点の端までバイクを動かしました。

その後は、警察の事情聴取に付き合い、
また、双方に連絡先を聞かれたので、教えて帰ってきました。

車とバイクの右折時の事故は、よく聞きますが
二輪同士ってのもやっぱりあるんですね。

車よりも加速が良いし、小回りが出来るので、バイクを運転してると
どうしても自分本位な運転になってしまう事が自分にもあります。

今回の場合は、互いが顕著にその思いを表した為に起こったように思います。

バイクは事故に遭えば、確実に自身が何かしらのダメージを受ける乗り物です。
自分も、崖下転落やガードレールとディープキス等いろんな事を経験しました。
その度に、消えないあざが増えてます…

学生時代には、バイク事故で、死んだ友達もいます。

それでも、バイクに跨ると衝動を抑えられない自分がいます。
人間は、ほんとに死にそうな目に遭わないとわからないのでしょうか?
それとも、自分だけ?

帰りの車の中で、こんな考えが頭の中をぐるぐると巡っていました……

まぁ、考えても結論が出ないのはいつもの事・・・。

バイクに乗るとは、何なのでしょうかね?

お気楽な自分が久しぶりに悩んだ、出来事でした。

にほんブログ村 バイクブログへ
スポンサーサイト
 |  その他  |  TB(0)  |  コメント(8)  |  ↑Top

Comment

なんや、なんや!

らしくない、シリアスな内容やんか・・・

ん~、「バイクに乗るとは何なのでしょうかね?」って、・・・・・移動する手段・・・・・・だけじゃ無いと思う人だけが問いかけるセリフなんでしょうね。

sukedai | 2008年12月12日(金) 22:23 | URL | コメント編集

No title

さらりと書いてましたけど、がけ下転落って・・(汗)
お気をつけてください・・!(汗
ぽこ | 2008年12月13日(土) 03:09 | URL | コメント編集

No title

てんさんこんにちは。
かずも今までに車で人を2人跳ね、バイクで右折車に激突したりと事故を経験してます。
いずれも20才までの若い時で、廻りへの気使いや思いやりを持たなかった頃です。
事故後は精神的にも肉体的にもとても疲れました。
いくつかの事故を経験してその後は人並み以上に
安全運転で何十年間無事故でやってきてます。
かずの場合は大事に至らずツイテましたが
事故というものは一度きりでも一生を失う事もある恐ろしいものです。
バイクはそれらの思いを忘れてついついスピードを出してしまうので気を付けねば。
かず | 2008年12月13日(土) 18:01 | URL | コメント編集

No title

てんさん、初めまして。
ぽこさんのブログから来ました。
自分も車、バイク含めて何度か、事故に遭い、起こしています。
その果てに思ったことは、
自分から死ににいくようなことをしなければ、事故に遭うリスクも起こすリスクもその分だけでも減る
ということです。自分が気をつけただけでは完全になくすことは出来ませんが、減らすことは出来ます。
とはいえバイクにまたがると相変わらず危険な走りをしがちです。本当、気をつけねば。
蒼い鳩 | 2008年12月14日(日) 03:53 | URL | コメント編集

No title

私も車、バイクで数度事故してます。
被害者にも加害者にもなってます。
その経験で学んだことが、便利な道具でもあり、人を殺してしまう道具であること。
だから自分の安全と周りの安全を同時に責任を持たないといけないと思うようになりました。

おかげでここ10年は事故にあってませんよ。
バイクに乗るというのはライフスタイルです(笑)
 HORI-G | 2008年12月14日(日) 10:50 | URL | コメント編集

Re

sukedaiさん
 らしくないとは侵害な!
 自分だってたまにはまともな事を考えるですよ(笑)
 
ぽこさん
 とりあえず、生きてるので良しとしてます。
 でも、腐葉土がなかったら死んでたかも…
 十代の頃の話なんで、相当前の事ですよ。

かず さん
 自分も運よく大事にいたるような事故を起した事はありません。
 でも、今後もそれが続くとは限らないと思ってはいるのですが…
 もっと、大人にならないと駄目ですね。

蒼い鳩さん
 はじめまして。

↑ 自分から死ににいくようなことをしなければ、
  事故に遭うリスクも起こすリスクもその分だけでも減る。

簡単なようで、難しい事ですね。 
運転すると、性格が変わると自分は言われるので、まずはそこから治さなければ
ならないとは思っているのですがなかなか治らなくて(笑)

HORI-G先輩
 ライフスタイルですか?
 確かにそうかもしれません。
 
 そのライフスタイルを守れるかどうかも、結局は自分次第になってしまうんでしょうね。
てん | 2008年12月14日(日) 12:57 | URL | コメント編集

No title

遅いコメントですが・・・
四六時中悩んでるめろんです、どうも(笑)

幸い僕はまだ加害者になった事はないんですが
だいたい事故ってなにかしたどちらかが違反して起こる事故だと思います。
危険予測したり自分がどうしたらこういう事故に繋がるとか
そういう予測が出来るのにはある程度の経験も必要なのかな~とも。。
何言っても分からない人もいますからねぇ

僕も昔は何言われても自分は大丈夫派でしたからね^^;
めろん | 2008年12月15日(月) 17:56 | URL | コメント編集

Re

めろんさん
 自分の悩みを抱えながらもコメントくれるとは、さすがはめろんさん!

 確かに、 危険予測してても危険を避けれない時もある。
 とか、自分に都合のいいように考えて自分は大丈夫って、
 昔は自分もよく言ってた記憶があります。
 今でも、そう思ってる時も無いとは言い切れません。

 ただ、昔と比べると安全マージンは十二分にとるようになりました。
 それでも、甘い考えは辞めないと駄目なんでしょうが…
 
 結局は自分自身に甘いんでしょうね。
てん | 2008年12月15日(月) 22:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://motorsportsf1cargp.blog62.fc2.com/tb.php/37-e299380d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。